太陽光発電装置・補助金・助成金・電気買取り情報ブログ
ソーラーパネル発電装置設置に関するお得な情報
最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

解析タグ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


太陽電池の故障・修理の確率は?採算を考える上で参考に
太陽電池、ソーラーパネルを設置する上で、
以外と忘れやすい出費が、故障・修理・メンテナンスの費用です。

どのくらいかかるか?どのくらいの確率で壊れるのか?
太陽電池による発電は、ほかの発電装置と比べて、
駆動装置が少ないし、強化パネルで覆われているので
故障は少ないと言われてはいますが、
気になるところではありますよね。

*****************
ソーラーパネルの価格、メンテナンスなどの出費
*****************

太陽エネルギー:実用化への課題・・・毎日新聞 2010/8/16

上記の記事の中で、
太陽電池・ソーラーパネルの故障率が書かれています。

以下、上記記事一部引用
「一つの課題は耐久性だ。
当初、約20年は故障しないと言われてきたが、
NPO「太陽光発電所ネットワーク」が、
全国の会員が住宅に設置した483台を調査したところ、
約30%の149台が12年以内に故障していた。

また、うち46%にあたる69台ではパネルが
壊れていた。事務局長は「維持・管理なしで済むものではない。
消費者はそのことを知らなくてはならない」と指摘する。」

3割から4割ほど、故障の確率があるということですね。
風雨にさらされている機械としては、
故障の確率は少ないようですが、やっぱりこのくらいは
あるんですね。

実際に導入される方は、故障はどんなものがあって、
どのくらい費用がかかるかといった数字は
チェックされた方がよいと思います。

ちなみに、上記記事は、
ソーラーパネル発電システムについて
全体的な角度からお話されてますので、
ちょっと見ておくのがおすすめです。













スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。