太陽光発電装置・補助金・助成金・電気買取り情報ブログ
ソーラーパネル発電装置設置に関するお得な情報
最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

解析タグ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


太陽光発電装置、 補助や余剰電気買い取り制度で普及促進
太陽光発電装置の普及や設置が、急激な勢いで伸びているとのデータがでています。
今年の4~6月期は、前年同期比で8割以上も伸びているようです。
政府や自治体の補助金も後押ししているようです。

太陽電池出荷が過去最高に 補助金の後押しで8割増・・・産経ニュース 2009/8/20

国内での設置は9割が住宅用だそうです。
以下、上記記事引用
「国内出荷は一般家庭の約2万4千戸に相当する。補助制度の充実が後押しし、
出荷の92%を住宅用が占めた。海外メーカー製の購入を示す輸入も前年同期と
比べ約70倍増え、国内出荷の10%を占めるまでに伸びた。」

家庭での太陽光発電を売電して電気代はゼロ近く
といった時代が目の前に見えています。


太陽電池出荷 4~6月期最高 補助金追い風、住宅用伸び・・・フジサンケイビジネスアイ 2009/8/21

上記販売の伸びの要因として、補助金制度の充実や
電力の買い取り制度も後押ししているようです。
以下、上記記事引用
「太陽電池の国内出荷は、05年度に家庭用太陽光システムへの補助金制度が
打ち切られて以降、低迷が続いたが、今回、政府は補助金制度に加え、
太陽光で発電した余剰電力を買い取る制度も年度内に導入する計画。
このため、太陽電池メーカーだけでなく家電量販店も販売に乗り出すなど、
今後も市場の拡大が予想される。同協会では「メーカー各社からは、
引き合いが多いとの声が日増しに強まっている」としている。」


ほんの少し前まで、夢のエネルギーと思っていた太陽光発電が
本当に現実に実感できるところまで来たんですね。
二酸化炭素排出の減少。そして、エネルギーコストの限りない減少と
夢は膨らんでいくばかりです。











スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。