太陽光発電装置・補助金・助成金・電気買取り情報ブログ
ソーラーパネル発電装置設置に関するお得な情報
最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

解析タグ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ソーラー発電パネル、太陽電池のレンタルで初期投資の負担を楽に
ソーラー発電、太陽電池システムの普及が進み、環境意識の高まりもあって
各地で話題になっています。

「ウチでもつけてみようか?」という話になりそうですが、補助金があるとはいえ、
100万円近くの初期投資の出費がネックになっているというケースも少なくないと思います。

そこでソーラー発電パネルをレンタルするという新しいサービスが話題になっています。

住宅用太陽光発電普及へリース制度導入 飯田市・・・信濃毎日新聞 2009/12/22

以下、上記記事引用
「飯田市と同市内の企業「おひさま進歩エネルギー」は、太陽光発電設備を一般住宅に広げるため、
新たにリース制度の活用を始める。同社が利用者宅に設備を取り付け、
利用者はリース料を支払って太陽光でつくった電気を使う仕組み。
同社が設備を貸し出す形を取ることで、利用者個人がローンを組む方法よりも負担感を減らす狙いだ。

 市などによると、住宅用太陽光発電設備の設置には200万円前後かかる。
住宅は出力4キロワット程度の設備が一般的で、同1キロワット当たり7万円の補助制度を国と
同市(市は上限20万円)がそれぞれ設けているが、残りの負担も高額。ローンを組む方法もあるが、
「借金してまで設置しようという人は少ない」という。リース制度だと、
万が一、リース料が払えずに設備使用をやめる場合、借金を抱えることはない。」

現在、市によると細部をつめていることだそうです。

おひさま進歩エネルギー

・・・これはいいサービスですね。
ソーラー発電パネルのレンタルやリース。
今後注目の話題です。





















スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。