太陽光発電装置・補助金・助成金・電気買取り情報ブログ
ソーラーパネル発電装置設置に関するお得な情報
最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

解析タグ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


太陽電池設置の普及の後押しするか? グリーン電力証書
太陽光発電装置は、補助金・助成金や電力買い取りで普及が進んでいますが
さらに後押しするするかもという制度があります。
それは、グリーン電力証書と呼ばれるものです。

太陽光発電の設置者募る グリーン電力証書活用・・・中日新聞 2009/11/12

家庭の太陽電池システムで発電した電力は、電力会社に売電するものと
家庭で使うものと二つに分かれると思います。
その過程で使用した分のうち、環境価値分をグリーン電力証書として取引できる
というものです。

以下、上記記事引用

「県地球温暖化対策室によると、自然エネルギーから生まれたグリーン電力は発電コストが割高になるが、
「電気」そのもの以外に「環境価値」があるとされる。

 家庭は、太陽光発電による電気を電力会社に売るほか、自宅で消費した電気のうち、
環境価値分をグリーン電力証書として取引できる。

 一方、企業は証書購入分と同量の電気使用は「自然エネルギーを使った活動」とみなされ、
エコ商品の販売や企業姿勢のPRに活用できる。

 証書の販売には総発電量を計る電力メーターが必要となり、
県は新規に太陽光発電施設を設置する100世帯と、既に設置している100世帯を対象に、
メーター設置費を上限3万円で補助。

 家庭と企業間の証書取引の橋渡しは、NPO法人
「太陽光発電所ネットワーク(PVネット)中部地域交流会」(名古屋市昭和区)、
「中部リサイクル運動市民の会」(同市中区)に委託する。

 NPOは環境価値を1キロワット時7・5円で家庭から買い取り、
証書の形で同12~15円で企業に販売。4キロワット規模の太陽光発電施設のある家庭は、
この仕組みで、おおむね年間1万3000円前後の収入になるという。」

これは、太陽光発電装置を設置する人にとってはありがたい制度です。
PV-Greenのしくみと特徴・・・太陽光発電所ネットワーク


ところで、こんなグリーン証書を買う企業なんてあるの?
という疑問もありますが、すでに電気を使うイベントなどで利用が進んでいるようです。


散歩道:イルミネーション点灯--水戸 /・・・毎日新聞 2009/11/13
シロクマのイルミ 七色に 博多大丸パサージュ広場 福岡市天神・・・西日本新聞 2009/11/2

今後、さらに太陽光発電装置の普及に一役買うといいですね。






























スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。