太陽光発電装置・補助金・助成金・電気買取り情報ブログ
ソーラーパネル発電装置設置に関するお得な情報
最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

解析タグ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ソーラーパネル発電、電気買い取り価格が家庭用で6円値下げへ、48円から42円へ
ソーラーパネル発電設置を考えている人にとっては、ちょっとショックなニュースかも。

発電して家で使わなかった電気量は、電力会社が買い取ってくれますが、この価格が下がります。

以前は48円/kwhでしたが、42円/kwhと、6円も割合にして12%ほど下がります。

もうすでに設置している人はいいですが、今後設置する人は考慮することが大事になりそうです。

それともう一つ。こういうルールが変更したときは、なぜそうなったのか、
押さえておくことが大事です。
今後の参考になりますからね。

*******
ソーラー発電パネルの収入と支出、採算性のお話なら
*******


経済産業省、4月から適用の太陽光発電の余剰電力買い取り価格は住宅用が1kWh42円・・・日経BP 2011/3/31

以下、上記記事の引用


経済産業省は、4月から適用する太陽光発電の余剰電力買い取り制度の価格で、10kW未満の住宅用を1kWh42円に決めた。現行の48円から6円引き下げる。非住宅用と10kW以上の住宅用は1kWh40円となり、24円から大幅に増額する。委員会での審議とパブリックコメントを踏まえて改定した。

((中略))


 新しい価格は、4月以降に電力会社に契約を申し込むと10年間適用される。既に契約している場合に価格の変更はなく、申し込んだ時点の価格が10年間続く。太陽光発電に加え、家庭用燃料電池「エネファーム」など他の自家発電を併用している「ダブル発電」は、10kW未満の住宅用が1kW34円、非住宅用と10kW以上の住宅用が1kW32円となる。現行はそれぞれ39円、20円で、住宅用は減額、非住宅用は増額した。

 価格を検討した委員会の資料では、住宅用を引き下げた要因について、制度開始後、太陽光発電の導入件数が増加傾向にあり、システム価格も1kWあたり5万円ほど下がっている点を指摘。1kWh42円でも12年程度で初期コストを回収できる、としている。一方、非住宅用は、導入が進んでないうえ、システム価格の低減が2%にとどまっていることを増額の理由に挙げている。また、現在会期中の通常国会で審議される「再生可能エネルギーの全量固定価格買取制度」で検討されてきた買い取り価格との整合性なども考慮されたとみられる




・・・なるほど、
つまり
1)初期コストが下がっているでしょ。
2)これだけ下げても、初期コストを12年で回収できるよね

との2つがポイントかもしれません。


今、原発の問題で太陽光発電は大きく注目されています。
設置するならばできるだけ早くといったことも、一つのポイントになるかもしれません。






スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。