太陽光発電装置・補助金・助成金・電気買取り情報ブログ
ソーラーパネル発電装置設置に関するお得な情報
最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

解析タグ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


京都市の太陽光発電補助金・助成金情報、景観規制区域と区域外に注意!
京都市の太陽光発電装置の補助金、助成金情報です。
11月に補正予算が提出され、好調だった申請に応えてくれようとしています。

さすが、観光都市ですね。
環境にもちゃんと貢献し、アピールされていてます。

京都市では、2020年度に,1990年度比で25%削減する。
これを条例で明確に定め,市民ぐるみで取り組んでいます。

************
ちなみに、京都市のソーラーパネル補助金はいくらもらえるか?
************


「太陽光」助成に1.1億円 京都市補正予算案で計上・・・MSN産経ニュース 2010/11/11

以下、上記記事引用
「京都市は11日、18日開会の11月定例市議会に提案する一般会計補正予算案など131件を発表した。一般会計の補正額は8億6900万円で、このうち住宅用太陽光発電システム助成金制度の費用として1億千万円を計上している。

 市は太陽光発電システムについて、平成15年度から助成を行い、21年度からシステムの最大発電量1キロワットにつき原則8万円を設置時に助成している。今年度も当初予算で約1億千万円を計上していたが、10月末現在の適用件数が479件と昨年度1年間の431件を上回り、不足が見込まれるため上積みすることにした。

 市は、温室効果ガスを平成32年度までに2年度比で25%削減する「地球温暖化対策条例」を10月に改正したばかりで、同制度の普及などを通して条例の達成を目指すとしている。」



以下は、京都市の角川市長さんの記者会見の様子ですが、
環境対策に取り組んでいること、と同時に景観対策もちゃんと行われていることなどが
伝わってきます。

京都市、角川市長の記者会見・・・2010/11/09

ちなみに、こちらが京都市の太陽光発電補助金制度、
景観規制区域で8万円、区域外で5万円の補助金が受けられます。

平成22年度 住宅用太陽光発電システム設置助成制度








スポンサーサイト
長野市の太陽光発電パネル補助金・助成金制度、4キロワットで大きな境目
長野市の太陽光発電パネル設置の補助金申請が
人気で11月の1か月で昨年の1年分を超える勢いだそうです。

エコに対する人気の高まりと、
ソーラーパネル発電の認知度が上がったからでしょうね。

後述しますが、長野市では設置の太陽光発電装置が、
4キロワットを境目に大きく変わるようになっているのが特徴です。

****************
ちなみに、長野市でソーラーパネル発電、補助金はいくらか?
****************


太陽光発電、補助金申請が急増・・・信濃毎日新聞 2010/12/4

以下、上記記事引用
長野市が太陽光発電システムを普及させようと設けている補助制度に申請が相次いでいる。本年度の申請件数は11月末で743件となり、昨年度一年間分(578件)を突破。過去最多の状況だ。これを受け、市は開会中の12月定例市議会に補助金約980万円を追加する本年度一般会計補正予算案を提出している。
 市地球温暖化対策室によると、補助制度は1999年度にスタート。年間100~200件ほどで推移してきたが、昨年度、急増した。



・・・なるほど。では早速長野市のホームページの
太陽光発電装置補助金の内容を確認しましょう。

長野市ホームページ
まず、対象は(上記ページ引用)

市税を滞納していない方で、次のいずれかの条件を満たす方が対象です。
(1)市内に有する自ら居住する住宅(居住予定含む)にシステムを設置した個人
(2)市内に有する店舗、事務所、倉庫その他の建築物にシステムを設置した個人で、市内に住所を有する方
(3)市内に有する自ら事業を営む事務所若しくは事業所等にシステムを設置した法人(公共法人を除く)
※システムの設置について、市から他の補助金等の交付を受けている方、また、中古品を設置される方は、対象とはなりません。
※交付申請は必ず着工前に行ってください。


そして、補助金額
4キロワット以下の部分  1キロワット当たり3万円
4キロワットを超える部分 1キロワット当たり7万円


・・・かなり開きがありますね。
4キロワットつけられる人は、つけたほうがよさそう。

また、上記ページには、これまでの長野市の補助金・助成金の
情報が掲載されています。
なぜが、平成16年度をピークに若干下がり気味の傾向。
kwあたりの設置費用は、だんだん下がりつつある傾向が見えます。

ぜひ、参考にしてみてください。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。