太陽光発電装置・補助金・助成金・電気買取り情報ブログ
ソーラーパネル発電装置設置に関するお得な情報
最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

解析タグ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


福山市のソーラーパネル・太陽電池装置設置の補助金・助成金情報 ある条件では7万円/1kwも
福山市のソーラーパネル・太陽電池装置の補助金・助成金情報。
申し込み者が殺到しているので、助成枠を拡大させるとのこと。

**********
広島県福山市ソーラーパネル損得の計算・試算
**********

太陽光発電の補助拡大へ・・・中国新聞 2010/8/14

以下、上記記事引用
「福山市が設けた住宅用太陽光発電設備の
設置費補助金制度への利用申込数が、
7月末で600基を超えた。
本年度分の申込枠350基を上回ったため、
市は、市議会9月定例会に補正予算案を提出し補助枠を広げる。

市は、住宅向けの一般的な出力である4キロワットを
上限に、最大で8万円(1キロワット当たり2万円)を補助する。
市によると、4キロワットの設備価格は200万円台半ばが主流という。

市は2009年度当初、250基の補助枠を設けた。
09年秋、国が余剰電力の買い取り価格を2倍に引き上げる新制度を導入し、
設備を設置する家庭が急増。補助枠を3倍近い746基に増やして対応した。

10年度の当初の補助枠を決めたのも、国の新制度導入前だった。
前年当初を上回る350基としていたが、申込数がさらに伸びた。
市は今後、09年度の実績を参考に、10年度の補助枠を
どこまで拡大するかを決め、今月31日に開会する
市議会9月定例会に補正予算案を提出する方針。」


このブログでも、よくお話していますが、
ソーラーパネルの補助金・助成金は、発表と同時に
申し込みが殺到するという流れが、
ほとんどですので、導入を検討されておられるかたは、
業者への見積もり、採算シミュレーションを
早めにとっておくことがおすすめです。

ちなみに上記でも示しましたが、
ソーラーパネル損得の計算・試算はこちらがおすすめ。



ちなみに福山市のソーラーパネル助成金の
情報はこちらから。

福山市太陽エネルギー導入推進事業・・・福山市役所ホームページ


ところで、ちょっとこちらはユニーク。
こちらで申し込むと、1キロワットあたり7万円の補助金がでます。
みなさんで、まとめて申し込んで宣伝してくださいといった感じでしょうか?

2010年度(平成22年度)福山市住宅用太陽光発電システム(モデル地区)設置費補助事業の概要・・・福山市役所ホームページ

























スポンサーサイト
宮崎市、太陽電池設置の助成金、国と県の補助金とあわせるといくらか?
宮崎市の住宅用太陽電池、太陽光発電設置の補助金情報です。
1キロワットあたり2万円。標準的な4人家族3.5キロワットであれば、7万円が出ます。
これは国、や宮崎県の助成金と併せて、
設置の初期費用設置コストを下げるため、
大いに活用したいものです。

***********
宮崎県宮崎市ソーラーパネル助成金調査
***********

宮崎市:太陽光促進事業、費用の一部を補助 個人住宅、事業所 /宮崎・・・毎日新聞 2010/8/3

以下、上記記事引用
「宮崎市は、太陽光発電システムの普及促進のため個人住宅や事業所の設置者に費用の一部を補助する。

 補助額は住宅が1キロワット当たり2万円(上限8万円)、事業所が1キロワット当たり10万円(同100万円)。募集期間は31日までで、住宅が500件、事業所は10件程度。

 対象は住宅に設置予定もしくは設置済み▽所有する共同住宅に設置し、発電した電力を共用部分へ使う予定もしくは既に使っている人▽事業所に設置予定もしくは既に設置している事業者。なお設置済みに関しては今年4月以降の工事で、設置予定は市内の業者との工事契約が条件。

 申請書は市役所などで入手できる。市役所ホームページ(http://www.city.miyazaki.miyazaki.jp)でもダウンロード可。」

宮崎市内の工事業者に発注するというのが
忘れやすいけど、大事なポイントです。


下記、ホームページを参照してください。
平成22年度宮崎市太陽光発電システム設置促進事業補助金について・・・宮崎市ホームページ

ちなみに、宮崎県からの補助金情報は
[平成22年度J-PEC申請者用]宮崎県住宅用太陽光発電システム等導入支援事業の実施・・・宮崎県ホームページ

また、国からの補助金情報は
太陽光発電普及拡大センター


よって、すべての補助金・助成金がもらえると
仮定した場合、平均的な3.5kwのソーラーパネルシステムの家では、

3.5×2+3.5×3+3.5×7=42

42万円の助成金が受け取れるので、
初期コストが浮きます。
これは、太陽光装置の採算を考える上で重要なので
チェックしておきたいところです。


















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。