太陽光発電装置・補助金・助成金・電気買取り情報ブログ
ソーラーパネル発電装置設置に関するお得な情報
最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

解析タグ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ソーラーシステム、ソーラーパネルの助成金、経済産業省が再申請へ
全国各地でソーラーシステムやソーラーパネルの助成金、補助金の話題が出ていますが、
申請がはじまったと思ったら、応募者殺到ですぐ締め切りといった様子で
大変好評で、太陽光発電システムの普及に貢献しています。

しかし、例の事業仕分けで、ソーラーパネルの助成金事業は、
予算の計上見直しとされていました。

事業仕分け、話題ですが太陽光発電の助成金・補助金の行方は?・・・太陽光発電装置・補助金・助成金・電気買取り情報ブログ 2009/12/4

さらに、しかしですが経済産業省から再度申請があるようです。

太陽光補助金事業を再要求 来年度予算で経産省方針・・・産経ニュース 2009/12/14



以下、上記記事引用
「経済産業省は14日、政務三役会議を開き、行政刷新会議の事業仕分けで「来年度予算への計上見送り」と
判定された「住宅用太陽光発電の導入支援補助金事業」について、
再度計上を求める方針を決めた。会議後、近藤洋介政務官が明らかにした。

 今年1月の補助金制度復活で、住宅用の太陽光発電設備の導入は順調に進んでおり、
環境保全の上で事業継続が必要と判断した。

 経産省は同補助金事業として、来年度予算の概算要求で412億円を計上。
事業仕分けでは事務費の高さや、より効果的な二酸化炭素(CO2)の排出削減方法を
考えるべきだとの指摘を受け、計上見送りと判定された。

 ただ、判定は「新政権の下、問題を議論精査して必要があれば12月末までに出し直し」
するよう求めており、経産省は事業の委託先の管理費などを圧縮することで制度の継続を検討していた。」


これは、順調に申請がすすむといいですね。
やはり現在のところこの助成金はソーラーシステムの普及には必要だと思います。






















山梨県のソーラーシステム補助金・助成金情報
山梨県のソーラーシステム・太陽光発電装置設置の補助金、助成金のお話
申請が大変多くなっているとそうです。

太陽光発電 県補助の申請急伸・・・読売新聞 2009/12/17

以下、上記記事引用
「県環境創造課によると、補助制度の申請件数は、制度がスタートした5月は16件だったが、 6、7月は各37件、8月25件、9月44件、10月49件と増加傾向をたどり、11月は61件となった。

 電力会社の買い取り価格は11月以降、発電量1キロ・ワット時あたり約24円から2倍の48円になり、
同課では「急増した要因になった」とみている。

 県の補助制度は、一般家庭が最大出力10キロ・ワット未満の太陽光発電をローンを組んで設置する場合、
設置費用の利子分に対して10万円を上限に補助する仕組みで、予算額は3800万円。
国が今年1月から、1キロ・ワットあたり7万円の補助制度を始めており、国に同調する形で県が独自に設けた。

 また、甲府、富士吉田、都留、山梨、大月、北杜、笛吹、中央、増穂、昭和、富士河口湖、鳴沢の
12市町村も独自の補助制度を設けており、国、県、市町村からそれぞれ補助を受けることも可能だ。

 県の補助申請は今月18日で締め切られるが、横内知事は「ソーラー王国やまなし」の実現を目指しており、
同課は「来年度も継続できるよう検討していく」としている。」


山梨県のソーラーシステムへの助成金は、もう締め切られるようですね。
しかし次の年度では、継続されるとのこと。ホームページはチェックです。

住宅用太陽光発電設備導入促進補助制度・・・山梨県ホームページ

他にも上記記事の甲府、富士吉田、都留、山梨、大月、北杜、笛吹、中央、増穂、昭和、富士河口湖、鳴沢
で各市町村でのソーラーシステム設置助成金申請を検討されている方は、
役場のホームページチェックは大事です。

甲府市住宅用太陽光発電システム設置費補助金制度受付終了のお知らせ ・・・甲府市ホームページ

住宅用太陽光発電システム設置補助制度・・・甲府市ホームページ


甲府市は、平成19年度は終了しましたが20年度は一律3万円を予定している。
富士河口湖町では、しばらく続けるようですね。こちらは一律5万円のようです。

今、事業仕分けなどで、ソーラーシステムへの補助金は続けるのかと話題になっていますが、
環境への対応が時代として求められているので、何らかの形では継続すると思います。
今後も情報は要チェックです。





















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。