太陽光発電装置・補助金・助成金・電気買取り情報ブログ
ソーラーパネル発電装置設置に関するお得な情報
最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

解析タグ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


京都市の太陽光発電補助金・助成金情報、景観規制区域と区域外に注意!
京都市の太陽光発電装置の補助金、助成金情報です。
11月に補正予算が提出され、好調だった申請に応えてくれようとしています。

さすが、観光都市ですね。
環境にもちゃんと貢献し、アピールされていてます。

京都市では、2020年度に,1990年度比で25%削減する。
これを条例で明確に定め,市民ぐるみで取り組んでいます。

************
ちなみに、京都市のソーラーパネル補助金はいくらもらえるか?
************


「太陽光」助成に1.1億円 京都市補正予算案で計上・・・MSN産経ニュース 2010/11/11

以下、上記記事引用
「京都市は11日、18日開会の11月定例市議会に提案する一般会計補正予算案など131件を発表した。一般会計の補正額は8億6900万円で、このうち住宅用太陽光発電システム助成金制度の費用として1億千万円を計上している。

 市は太陽光発電システムについて、平成15年度から助成を行い、21年度からシステムの最大発電量1キロワットにつき原則8万円を設置時に助成している。今年度も当初予算で約1億千万円を計上していたが、10月末現在の適用件数が479件と昨年度1年間の431件を上回り、不足が見込まれるため上積みすることにした。

 市は、温室効果ガスを平成32年度までに2年度比で25%削減する「地球温暖化対策条例」を10月に改正したばかりで、同制度の普及などを通して条例の達成を目指すとしている。」



以下は、京都市の角川市長さんの記者会見の様子ですが、
環境対策に取り組んでいること、と同時に景観対策もちゃんと行われていることなどが
伝わってきます。

京都市、角川市長の記者会見・・・2010/11/09

ちなみに、こちらが京都市の太陽光発電補助金制度、
景観規制区域で8万円、区域外で5万円の補助金が受けられます。

平成22年度 住宅用太陽光発電システム設置助成制度








スポンサーサイト
京都府、ソーラーパネル設置補助金助成金情報、福知山市・舞鶴市
京都府福知山市、舞鶴市でソーラーパネル・太陽光発電装置を検討している方に耳寄りな情報。
2010年度より補助金・助成金が出るとの情報が出ています。

************************
ちなみにこちらも参考に→ソーラーパネル 補助金
************************

太陽光発電システム設置で補助制度 福知山市と舞鶴市が創設へ・・・日経新聞 2010/3/9

以下、上記記事引用
「福知山市と舞鶴市は、政府が温室効果ガスの削減目標を1990年比25%減
(前提条件付き)とする方針を決定したのを受け、住宅用太陽光発電システム設置に対する
補助制度を2010年度から設ける。福知山市は372万円、舞鶴市は480万円を10年度当初予算案に計上した。

 市内で自ら居住する住宅に太陽光発電を設置する人が対象。
福知山市は1キロワットあたり1万5千円で年60件を、
舞鶴市は同3万円で年40件を対象に補助する計画で、上限はともに4キロワットとしている。

 同様の補助制度はすでに国が最大出力1キロワットあたり7万円、
府が同2万5千円を補助する制度を設けている。両市は「家庭における
地球温暖化防止の取り組みや意識づくりを制度で支援できれば」と期待している」

これから先は、春先に向かい住宅を建てたり、
ソーラーパネルを設置したりする家も増えてくるでしょうから、
申し込み殺到は必至だと思います。

ホームページをよくチェックして、申請初日に申し込んだほうがいいと思います。
全国的な例で見ても、これくらいの枠なら、すぐ締め切りと言うケースも
少なくないです。

まだ福知山市、舞鶴市ともに発表は出ていないようです。(2010/3/9現在)
福智山市ホームページ
舞鶴市ホームページ

ちなみに上記記事の京都府の2万5千円のソーラーパネル設置の補助金は、
現在は終了していますので、次年度の申請募集を待つしかなさそうです。
住宅用太陽光発電システム等に対する補助申請受付は予算の上限に達したため、受付を終了いたしました・・・京都府ホームページ

国の補助制度は、3月31日までよさそうですが、
今年度の申請を受けたい場合、早めの申請が欠かせないようです。
太陽光発電普及センター・・・ホームページ






















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。