太陽光発電装置・補助金・助成金・電気買取り情報ブログ
ソーラーパネル発電装置設置に関するお得な情報
最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

解析タグ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ソーラーパネル設置、セールス・訪問販売へのに対する苦情増加
ソーラーパネル・太陽光発電装置の話題は、環境意識の高まりもあって増えてきていますが、
悪質なセールス、訪問販売に対する苦情も増えているのが実情のようです。

チェックリストの一つとして
1)複数業者への見積もりを出す
2)補助金や申請の対象となっているか、県や市に直接問い合わせる
3)県の消費者生活センターなどに相談してみる
・・・などがあるかもしれません。


下記リンクは岡山県のソーラーパネル設置の苦情件数が増えてきているという記事です。
苦情・相談 昨年の倍/太陽光発電・・・朝日新聞 2009/12/18

以下、上記記事引用
「県消費生活センターによると、太陽光発電に関して4月から10月末までの
7カ月間に寄せられた相談や苦情は35件。昨年度は年間で28件だったから、ほぼ倍のペースだ。

 内容はほとんどが訪問販売についてで、「強引に勧誘されて契約してしまった」
「高額なので解約したい」といったものが多い。「発電して余った電気は電力会社に
買い取ってもらえると聞いていたが、思ったほどの額にならない」との相談もあった。

 トラブルの背景には、国や県の補助制度で太陽光発電設備の設置費用が割安になり、
契約者が急増している事情がある。

 国は今年1月、設置する発電設備の出力1キロワットあたり7万円を補助する制度をスタート。
県も7月に、上限28万円を別途補助する制度を実施した。
両方利用すれば一般的な設置費用200万~300万円のうち50万円程度が補助されるため、
申し込みが殺到。県が設けた約千件の枠は1週間で埋まった。
このため県は10月から12月にかけて、助成額を半額に、募集枠を倍にして2回目の募集をしている。

 県消費生活センターの担当者は「契約者が急に増えている一方で、ブームに乗って新規参入した業者も多い。
誤解を招くような表現で強引に契約を勧める悪質業者もあるようだ」と話す。
県の担当課へも「『もうすぐ補助枠がなくなるから早く契約して』と
業者に迫られているが、本当か」といった問い合わせがあるという。

 国は11月から、余剰電力を従来の倍の価格で買い取ることを電力会社に義務付ける制度を導入しており、
導入ブームは当分続きそうだ。県消費生活センターは「複数の業者から見積もりを取り、
契約前に補助の条件に合っているか確認を。契約後でも、誤解して契約したのなら
対処できることがあるので、相談してほしい」と呼びかけている。」


悪徳な訪問販売業者の中には知識のなさに付け込んで
契約を迫るケースもあるようなので、訪問販売セールスマンの
情報だけではなくネットの情報などもよく収集して知識をつけたほうがよいかもしれません。

ちなみに岡山県消費者センターのリンク
岡山県消費生活センター

ちなみに、下記記事は沖縄のソーラーパネル販売苦情の例です。
太陽光発電システム:訪問販売で苦情増太陽光発電システム:訪問販売で苦情増・・・毎日新聞 2009/12/19






























スポンサーサイト
太陽光発電・太陽電池装置設置問題トラブル 消費者相談窓口の開設へ
太陽光発電・太陽電池装置設置の普及が進んでいる今
一部の心ない業者によるトラブルが起こっているようです。

ソーラーシステム訪問販売:「補助対象」とウソ トラブル急増請・・・毎日新聞 2009/10/8

多いトラブルが、不当な勧誘のようです。
以下、上記記事引用。
「岡山県の40代男性が昨年秋、訪問販売業者に「電気を電力会社に買い取ってもらえるので、
月々のローン返済が相殺される」と勧誘され、分割払いで230万円の装置を購入。
だが実際の電力買い取り額は月400~1000円どまりだった。

静岡県の30代男性は今春、業者に「国の補助金が受けられる」と説明されて450万円の装置を購入後、
装置が補助の対象外だと分かった。「補助の対象に限りがある」と契約を急がせる業者もあるという。

 国や自治体の補助金制度は、システムの価格や最大出力などに一定の基準がある。
また発電量は天候などにも左右され、業者の説明ほど多くないこともある。
センターは「複数の見積もりを取り、納得できる業者と契約を」などと助言する。
この問題では消費者庁も同日、実態把握のため調査に乗り出すと発表した」

経済産業省からも太陽光発電協会に相談窓口開設を要請するようです。

経産省、消費者トラブル増加で太陽光発電協会に相談窓口開設を要請・・・マイコミジャーナル 2009/10/9

今のところ、まだ設置されているとの掲載はありません(2009/10/9現在)
太陽光発電協会・・・ホームページ

今後、何かのアナウンスがあるかもしれません。
注意深く様子を見守りたいところです。























上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。